効率化を図れる電子カルテを取り入れてみよう

ビジネス最適地での起業

相談

スムーズな設立をサポート

新たなビジネスを立ち上げる際には会社設立の必要も出てきますが、日本国内にこだわるような事情がなければ香港に会社を設立した方が税制面でも有利なものです。香港では法人税が一律16.5%で日本より安い上に株式譲渡益には課税されず、他にもビジネスに有利な条件が少なくありません。香港での会社設立方法には新規設立と、シェルフカンパニー購入の形で手軽に会社を作る方法との2種類があります。会計事務所等があらかじめ登記手続きを済ませたシェルフカンパニーを購入すれば短期間で会社を設立できますが、新規設立の方が自由度は高いものです。香港で新規に会社を設立するには、まず類似の商号が存在しないかどうかといった事前調査が必要となります。現地住所を取得しての登記手続きも当然のことながら欠かせず、その他にも銀行口座開設など多くの手続きを経なければなりません。海外での会社設立に不慣れな人にとってそれらの事前調査や手続きは大きな負担となりますが、香港会社設立支援を行っているサービスを利用すれば負担が大幅に軽減されます。香港の会社には会社秘書役という日本にない役割が求められ、現地永住者が専任するのでなければ現地法人への委託が必要です。香港会社設立支援サービスではこの会社秘書役も代行しており、スムーズな会社設立に欠かせない存在となっています。このようなサービス会社と年間契約を結ぶことで税制面でのさまざまなメリットを享受できるようになり、世界の金融センターとも呼ばれる香港でビジネスが開始できるのです。香港は日本に近く短時間で渡航できる上に、近年の経済発展が著しいアジア各国の主要都市にも素早く行き来できるという地理的アドバンテージがあります。無限の可能性を秘めたこのビジネス先進地を有効活用して起業を成功させるためにも、香港会社設立サポートサービスが大きな役割を果たしてくれるのです。