効率化を図れる電子カルテを取り入れてみよう

生き残りをかけた作戦

内覧会は開業時に行われるイベントである認識が強いのですが、最近では、認知度向上のためのイベントとして定期的に開催されることが多くなっています。特に供給量が拡大している歯科の生き残りをかけた作戦になっているのです。

カルテの電子化

会議

カルテの電子化の基本知識

病院を経営していく中で、重要な資産とも言えるのが、患者ごとに作られたカルテですが、これを電子化する動きが広まってきています。電子カルテという名前になるのですが、その名前の通りカルテを電子データ化するというもので、それを行うことで、様々なメリットが出てきます。まず最初にカルテを保管するスペースが、著しく少なるなるということになり、限られた病院スペースを有効に利用することができます。特に医療法第24条でカルテは、5年間の保管義務が課されており、その分の保管庫を確保するだけでも、大変なことだったのです。こうした問題を解決するのが電子カルテであり、特に最近では記憶媒体の高密度化により、大容量の記憶領域が確保できるので、簡単に5年以上は確保できるのです。また電子カルテ化することで、病院の端末上で簡単に呼び出せますから、診療科目が複数になっていても、カルテを持ち運ぶ必要はないのです。また記述すべき項目を確認できるにもなっていますので、記載漏れとか勘違いによる誤記入なども回避できるのです。また病院の電子カルテ向けに、クラウドコンピューティングによるサポートも可能になっており、バックアップなどが容易に実施できるのです。また複数の病院間を結ぶことで、病院間で電子カルテを共有することができますので、患者がどの病院を利用しても過去のカルテを参照できるのです。電子カルテは、法律の制限をクリアしつつ、記入漏れなどを回避できて、バックアップも容易になりますので、その利用が広まっているのです。

ビジネス最適地での起業

新たなビジネスを始めるため会社設立を目指す人にとっては、日本国内より法人税が安い香港での設立が有利です。香港での会社設立には新規設立とシェルフカンパニー購入の2種類があり、新規設立では面倒な手続きを要します。香港会社設立支援サービスを利用すれば、事前調査や諸手続き・会社秘書役などを代行してくれます。

接骨院を開きたい

接骨師会に入会すると、整骨院の開業サポートサービスを受けることができます。整骨院を開業する際には、立地や資金、設備から申請手続きなど様々な問題をクリアする必要があります。自分一人でそれを行うのは大変ですが、接骨師会がしっかりとサポートしてくれます。